スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくのミステリーな日常


成さん、なんか若くなっちゃった。無性に椅子が描きたい時ってありませんか?

ロキの昔話を書いたので、ついでにミステリの昔話も思い出してみます。
一番最初にミステリを手に取ったのは
アガサクリスティーのミスマープルシリーズでした。
私が行っていたの小学校の図書室にはなぜかポアロがなくて
マープルばかり置いてあった。
「青いゼラニウム」が最初に読んだミステリだと思う。
その後、高校生になって、駅の貸本屋に無造作に置いてあった十角館に出会う。
アガサやエラリィなど、
馴染み深い名前がキャラクターにつけられていたことに興味をひかれ、
手に取ったのを覚えている。
その時は読み終わらなくて、しばらく経ってから書店で購入した。
あの一行を読んだときの衝撃は忘れられない。
ミステリとはこういうものなんだと、私の頭に刷り込まれてしまった。
その後はもう、島田荘司やら有栖川有栖、
京極夏彦、森博嗣などの新本格寄りの作品をよく読んだ。

伊坂幸太郎をはじめて買ったのは、
陽気なギャングと重力ピエロがこのミスにダブルランクインしたときです。
あらすじを読んで、面白そうと思い、ギャングを買って読んでみた。
4人の掛け合いに、にやにやが止まらない。
その次にラッシュライフを買った。
これで完全に私は伊坂幸太郎にノックアウトされてしまった。
電車でラッシュライフを読んでいる人と隣になって、
思わずガタっと席を立ってしまった事がある。笑
今では珍しくないと思いますが、当時は相当驚いた。
隣に座りながら、平静を装いつつもそわそわしていた私は変な人です。
そんなこんなで、少しずつ伊坂作品を集め、現在に至ります。

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。