スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硝子のハンマー


鍵のかかった部屋を読もうとしたら、硝子のハンマーからの連作だと知って、
とりあえず、硝子のハンマー読みました。すごく面白かった!
貴志祐介さんはとても読みやすいです。ドラマは残念ながら見れずでした。
次の狐火の家も早く読みたいです。

前半は、防犯コンサルタントの榎本径と弁護士の青砥純子が
密室事件をあーでもないこーでもない、と考察する部分で、
後半からは、犯人視点で犯行に至るまでの経緯を描写しています。
貴志祐介さんの本では、青い炎が一番好きで、この本の後半もぐいぐい惹き込まれながら読みました。
犯行の準備を細かく描いている部分だったり、犯人の心理描写など、臨場感たっぷりで、
どちらかというと最後の方は犯人の方に感情移入してしまうほどでした。

小説の榎本さんは本業は泥棒で、バーボン片手に、ビリヤードのジャンプショットを打っちゃうような
ワイルドさ溢れる青年でした。変装もお手のもの。
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。